資料送付のお礼メールの文例集

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
資料送付のお礼メールの文例集

資料送付のお礼メールを送るときは、多忙を極める中、資料の郵送手続きをしていただいたことに対して、誠意を込めて感謝の気持ちを伝えるのがビジネスマンとしての基本です。

また、お礼メールは、資料が到着した報告も兼ねているため、無事手元に資料が到着したことを知らせる意味合いも含まれています。

ここでは、資料送付のお礼メールの文例集をご紹介します。お礼メールを作成するときに心がけておきたいマナーについてもお伝えするので、参考にしてくださいね。

資料送付のお礼メールの書き方・マナー

まずは、資料送付のお礼メールを書くときの注意点や、押さえておくべきマナーについてお伝えします。

お礼メールは資料が到着したらすぐに送る

ビジネスの世界では、資料送付のお礼メールは、相手から資料が到着したらすぐに送るのが礼儀です。メールの送信が翌日以降になってしまうと「資料を送付していただいたことに対するお礼メール」ではなく「資料到着の報告が遅れたことのお詫びメール」になってしまうくらい、スピードが大事。当日中に送ることを原則としましょう。

なお、報告が遅くなった方は「返信遅れのお詫びメール」をご覧ください。

お礼メールには書類が到着した報告も兼ねていることを心得よう

資料送付のお礼メールは、相手が手間をかけてくれた厚情に対して、感謝の気持ちを伝えることが趣旨ですが、もう一つ大切な要素が含まれています。それは、送ってもらった資料が無事、手元に届いたことを相手に知らせる役割もあるということです。

資料を送ったものの、到着の連絡がないと、相手は「送付先の住所を間違えたのではないか」と不安になってしまいます。届いたことを通知する意味合いがあることも理解し、メールを送る習慣を身につけておきましょう。

資料送付のお礼メールの文例集

つづいては、資料送付のお礼メールの文例集をご紹介します。送付してもらった資料の内容別の文例と、文章を作成するときのポイントを記載しているので参考にしてくださいね。

資料送付のお礼メール文例(基本)

件名:資料ご送付のお礼

株式会社〇〇〇〇
営業部 〇〇 〇〇 様

いつもお世話になっております。
株式会社△△△△の△△でございます。

この度は、「〇〇〇〇」の資料をお送りいただき、
誠にありがとうございます。
早速ご対応いただき、感謝申し上げます。

お預かりした資料を確認させていただき、
不明な点がございましたら、改めてこちらからご連絡を差し上げます。
その際はご対応の程、お願い致します。

引き続き、何卒宜しくお願い申し上げます。

====================
署名
====================

資料送付の手間をかけたことに対してお礼の言葉を述べる:メールの文面で書き出しの挨拶を伝えたあとは、資料送付に対する感謝の意を述べるのが基本。忙しいなか、送付手続きをしていただいた姿を思い浮かべて、丁寧な表現を心がけて、気持ちの伝わる一文を書き添えましょう。

なお、送付してもらった資料を基に検討した結果、断る場合は「営業断りのお詫びメール」を送りましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket