休日にお礼メールを送るときの文例集(上司・取引先・就活)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
休日にお礼メールを送るときの文例集(上司・取引先・就活)

お世話になったお礼をメールで送りたいけど、休日に送っても良いものなのか、悩んでいませんか。

お礼メールは感謝の気持ちを伝えるための重要なツールですが、マナーを守って送らないと、相手との関係に亀裂を生じさせてしまうため注意が必要です。

ここでは、休日にお礼メールを送るときの書き方やマナーについてお伝えします。上司や取引先に宛てるときの文例も紹介するので参考にしてくださいね。

休日にお礼メールを送るときの書き方・マナー

まずは、休日にお礼メールを送るときの書き方や、心がけておくべきマナーについてお伝えします。

お礼メールは休日に送っても良い

感謝の気持ちを伝えるお礼メールは、基本、休日に送っても構いません。

土日祝が休みの会社の場合、金曜日の夜に食事したり、休日にゴルフに行ったりすることが多いですが、そのお礼を週明けにメールで送ると、相手によっては今更な印象を与えてしまう場合もあります。気持ちを伝えるにはメールの内容だけでなく、送るタイミングも大切だと心得ておきましょう。

仕事のメールは急を要する場合のみ送る

前章でお伝えしたように、お礼メールは休日に送っても構いません。ところが、仕事に関する用件は、緊急を要する場合でない限り、くれぐれも休日の連絡は避けましょう。

休日のプライベートな時間を過ごしているときに、急ぎではない仕事のメールがバンバン届くと、相手を不快にさせてしまいます。ビジネスメールはいつでも好きな時に送ることができますが、必要なときに必要なだけ送るという、相手への気遣いを持つことも重要です。

休日にお礼メールを送るときの文例集(お礼のみ伝える場合)

つづいては、休日にお礼メールを送るときの文例を紹介します。

休日にお礼メールを送るときの文例(上司)

件名:お食事のお礼

〇〇課長

お休みのところ失礼致します。

昨日はお食事にお誘いいただき、
ありがとうございました。

また、ご馳走までしてくださり、
感謝申し上げます。

〇〇課長のご趣味やご家族のことなど、
プライベートなお話を伺うことができ
楽しい時間を過ごすことができました。

週明けからまた仕事に励み、
〇〇課長のお役に立てるよう頑張りますので
宜しくお願い致します。

週末はゆっくり休養なさってくださいね。

メールにて恐れ入りますが、お食事のお礼を申し上げます。
本当にありがとうございました。

====================
署名
====================

書くときのポイント:お礼メールを送る場合でも、冒頭には休日にメールを送ることへのお詫びから始めるのが礼儀です。プライベートと仕事の時間を割り切っているビジネスマンは少なくありません。
職場の上司に宛てる場合でもマナーをわきまえた文面に仕上げることを心がけましょう。末尾では、相手の体調を気遣う一文を書き添えることも忘れてはなりません。

休日にお礼メールを送るときの文例(取引先)

件名:会食のお礼

株式会社〇〇〇〇
営業部 部長 〇〇 〇〇 様

お休みのところ申し訳ございません。
株式会社△△の△△です。

昨日はご多忙にもかかわらず
食事会にご参加いただき、誠にありがとうございます。

〇〇様からお仕事のお話やプライベートのご趣味まで
貴重なお話を伺うことができ、大変勉強になりました。

今後ともご指導ご鞭撻のほど、
何卒よろしくお願い申し上げます。

休日は、ゆっくりお身体をいたわってくださいね。

メールにて恐縮ではございますが、
取り急ぎ、昨晩の会食のお礼を申し上げます。

====================
署名
====================

書くときのポイント:親しい間柄の取引先であっても、食事のお礼は礼儀正しく書くことが基本です。上司に宛てるとき同様、冒頭では休暇中に連絡したことへのお詫びを述べ、末尾では先方の体調を気遣うフレーズを添えて心遣いあるメールを送りましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket