言葉の意味・使い方・違い

「ご一報ください」の意味・使い方|ビジネスメール例文・類語まとめ

「ご一報ください」の意味・使い方|ビジネスメール例文・類語まとめ

「ご一報ください」の使い方はご存知ですか?

ビジネス文書やメールの文章で目にすることのあるフレーズですよね。

いざ自分で使うときは、用法を守って使用しないと恥をかいてしまいます。

ここでは「ご一報ください」の意味やビジネスでの使い方をご説明します。類語・言い換え表現や、メール例文もご紹介するので参考にしてくださいね。

続きを読む

「これに懲りず」はビジネスでは失礼!意味や正しい使い方・別の言い方まとめ

「これに懲りず」はビジネスでは失礼!意味や正しい使い方・別の言い方まとめ

ビジネス文書やビジネスメールで、相手の行動を促すときに以下のような言い回しを使うことがあります。

「これに懲りずにまたお誘いください」「これに懲りずに今後とも宜しくお願い致します」

また、「これに懲りずまた頑張ろう」といったように自分達に対して使うこともあります。でも「これに懲りず」とはどのような意味を持つ言葉なのでしょうか?

この言葉に失礼な印象を持つ人も少なくありませんが、実は「これに懲りず」には不適切とされる相手やシーンがあることはご存知でしたか。

ここでは「これに懲りず」の意味や正しい使い方についてお伝えします。例文も紹介するので、この機会に正しい使い方を覚えてくださいね。

続きを読む

「お詫び申し上げます」の意味・使い方|謝罪メール例文と言い換え敬語表現まとめ

「お詫び申し上げます」の意味・使い方|謝罪メール例文と言い換え敬語表現まとめ

「お詫び申し上げます」の意味や正しい使い方はご存知ですか。

ビジネスシーンで、相手に謝罪の気持ちを伝えるときによく聞く表現ですが、社会人歴が浅い方の中にはまだ使ったことがない人もいると思います。

ここでは「お詫び申し上げます」の意味や使い方をお伝えします。例文つきでご説明するので参考にしてくださいね。

続きを読む

「お忙しいとは存じますが」の意味・使い方|上司に宛てるメールの例文つき

「お忙しいとは存じますが」の意味・使い方|上司に宛てるメールの例文つき

ビジネスメールで「お忙しいとは存じますが」というフレーズを目にすることがありますが、あなたは正しい使い方を理解していますか?

上司やお客様といった、目上の人に何かを依頼するときによく使われます。

ここでは「お忙しいとは存じますが」の意味や使い方をご説明します。上司に宛てるときのビジネスメールの例文も紹介するので参考にしてくださいね。

続きを読む

「お手数おかけします」の意味・使い方|言い換え表現・メール例文集つき

「お手数おかけします」の意味・使い方|言い換え表現・メール例文集つき

「お手数おかけします」という語の意味や正しい使い方を知りたいと思っていませんか?

ビジネスシーンでもよく使う、基本的なフレーズですよね。

ここでは「お手数をおかけします」の意味や使い方を例文つきでご説明します。よく似た場面で使える敬語表現もお伝えするので参考にしてくださいね。

続きを読む

「お願いできますでしょうか」は二重敬語?意味と正しい使い方・言い換え表現まとめ

「お願いできますでしょうか」は二重敬語?意味と正しい使い方・言い換え表現まとめ

「お願いできますでしょうか」という表現は正しいと思いますか?

ビジネスシーンで上司や取引先といった目上の人に何かをお願いするとき、耳にすることのある言葉ですよね。

ここでは「お願いできますでしょうか」の正しい意味や使い方はもちろん、日本語表現として適切かどうか、言い換え表現についてお伝えするので参考にしてくださいね。

続きを読む

「いただけますでしょうか」は二重敬語!意味と正しい言い換え表現・使い方まとめ

「いただけますでしょうか」は二重敬語!意味と正しい言い換え表現・使い方まとめ

「いただけますでしょうか」の正しい使い方を知りたいと思っていませんか?

ビジネスシーンでは、上司や取引先といった目上の人に何かをお願いしなくてはならない場面が多々あります。

「いただけますでしょうか」は、相手に苦労をかける依頼事をするとき、丁寧な言葉遣いを心掛けるあまり使ってしまいがちな言葉ですよね。

しかし、実はこの言い回し、二重敬語のため誤用表現であることはご存知でしたか?

ここでは「いただけますでしょうか」の意味や適切な言い換え敬語表現をご紹介するので参考にしてくださいね。

続きを読む

突然のメールの書き方・件名・文例集|「突然のメール失礼します・お許しください」の挨拶

突然のメールの書き方・件名・文例集|「突然のメール失礼します・お許しください」の挨拶

ビジネスでは、面識のない相手に突然のメールを送るのは珍しいことではありません。

ですが、自分のことを知らない相手には、書き出しで何と挨拶をすればよいのか、締めの言葉はどうするのかな、メールの文面の書き方には悩まされるものです。

書き方を間違えると、相手に不快感や無礼な印象を与えてしまうので注意しなくてはなりません。

ここでは、突然のメールを送るときの書き出しや締めの挨拶、件名の書き方をご説明します。「突然のメール」を目上の人や企業に宛てて送るときの例文、マナーや注意点についてもお伝えするので参考にしてくださいね。

続きを読む

「乱筆乱文お許しください・失礼いたします」の意味・使い方・類語(例文つき)

「乱筆乱文お許しください・失礼いたします」の意味・使い方・類語(例文つき)

手紙の末尾に「乱筆乱文お許しください」という一文が添えられているのを見たことはありますか?

メールでのやりとりが主流となった近年ではすっかり目にする機会が減ってしまったフレーズです。

しかしながら、「乱筆乱文お許しください」は謙遜の意が込められた美しい日本語です。適切な場面でこの一言を添えるだけで相手に与える印象がぐっと良くなります。

ここでは「乱文乱筆お許しください」「乱文乱筆失礼いたします」の意味や使い方についてご説明します。類語も例文を使ってわかりやすくお伝えするので参考にしてくださいね。

続きを読む