言葉の意味・使い方・違い

「携わる」「関わる」の意味の違い・使い方|志望動機の書き方・例文つき

「携わる」「関わる」の意味の違い・使い方|志望動機の書き方・例文つき

「携わる」という言葉について意味や正しい使い方をご存知でしょうか?

社会人の方であれば、例えば「長年、金融業界に携わっていると…」などと意見を述べる際に使ったりと、ビジネスシーンで見聞きする機会の多い言葉だと思います。学生の方も就職活動で志望動機を伝えるときに「鉄鋼業界に携わりたい」と使ったりします。

ここでは「携わる」の意味や使い方、類義語である「関わる」との違いについて例文つきで解説しています。

また、就職活動中の学生の方が参考にできる、「携わる」を使った志望動機の書き方も紹介します。志望動機のなかでの「携わる」の使い方をお伝えするので参考にしてくださいね。

続きを読む

「ご容赦ください」の意味や使い方・メール文例集|「ご了承ください」との使い分け方

「ご容赦ください」の意味や使い方・メール文例集|「ご了承ください」との使い分け方

ビジネスシーンでは、言葉を慎重に選んで発言しなければならない場面は少なくありません。

お願いする際や謝罪をするときの言葉選びに、頭を抱えた経験もあるのではないでしょうか。相手が上司やお客様であれば、なおのこと注意が必要です。

ここでは「ご容赦ください」「ご了承ください」の二つの言葉について、意味や正しい使い方を解説します。似た言葉に思えますが、意味も使う場面もまったく異なります。しっかりと理解して相手に失礼のない言葉遣いをマスターしましょう!

続きを読む

「略儀ながら書中にて・メールにて」の意味と使い方|お詫びメールの文例つき

「略儀ながら書中にて・メールにて」の意味と使い方|お詫びメールの文例つき

手紙やメールの結びの言葉に「略儀ながら書中にて」「略儀ながらメールにて」といった表現で締めくくっている文章を目にしたことはありませんか?

これらは手紙やメールの常套句のひとつですが、意味や正しい使い方を学んでおけば、挨拶状やお礼状を書くときの言い回しで使うことができ、相手との関係を構築することができます。

ここでは「略儀ながら書中にて」「略儀ながらメールにて」の正しい意味や使い方をご紹介します。お詫び文の締めくくりにも使えるこれらの言葉について、例文もふまえて解説するので、馴染みのない方はぜひチェックしてくださいね。

続きを読む

「曲解」の意味・使い方・類語|「誤解・歪曲」との違い

「曲解」の意味・使い方・類語|「誤解」「歪曲」との違い

「曲解」という言葉を使ったことがありますか?

日常会話でもビジネスシーンでも使う機会の少ない言葉ですが、意味が分かると「あのシーンで使うのが曲解か!」と思い当たる節のある方は多いと思います。

「誤解」や「歪曲」と似たニュアンスを持つ「曲解」ですが、使い方を間違えると誤解を生む可能性もあるため気をつけなくてはなりません。

ここでは「曲解」「誤解」「歪曲」の意味を比較し、違いを解説していきます。例文も紹介するので、それぞれの言葉を使うシチュエーションをイメージしながら読み進めてくださいね。

続きを読む

「示唆する」の意味・使い方・類語|「示唆に富む・示唆される」の例文つき

「示唆する」の意味・使い方・類語|「示唆に富む・示唆される」の例文つき

「示唆する」という言葉をテレビなどで耳にすることがありますが、正しい意味や使い方を理解していますか?

日常会話で使う機会はそれほど多くないかもしれませんが、ニュースやビジネスシーン、あらたまった場所で耳にしたり、新聞やビジネス文書で目にしたりすることもあります。

ここでは「示唆する」の正しい意味や、状況に応じた適切な使い方をお伝えします。また、「示唆する」の類語や、その類語を使った適切な言い換え方についても解説します。正しい意味を覚え、その時にふさわしい使い方や言い回しができるよう、参考にしてくださいね。

続きを読む

「御中・様」の意味・違い・使い分け方(メール・封筒の例文つき)同時併用はNG!

「御中・様」の意味・違い・使い分け方(メール・封筒の例文つき)同時併用はNG!

ビジネスシーンで使う機会の多い「御中」という言葉。どんな時に使えばいいのか迷ったことはありませんか?

封筒などの郵便物やメールの宛名につけて敬意を表す意味の「御中」ですが、「様」との使い分け方を理解できていない方も少なくありません。

ここでは、「御中」と「様」の意味や使い方について詳しく解説します。また、ケース別の使い分け方や違いについてもお伝えします。

受取人の方が最初に目にする宛名の敬称を間違って書くと、失礼な印象を与えてしまうので注意しなくてはなりません。「御中」と「様」の使い分けは社会人の基本マナーです。ここでしっかり学んでおきましょう。

続きを読む

「折衝・交渉」の違いとは|意味・使い方(例文つき)・類語まとめ

「折衝・交渉」の違いとは|意味・使い方(例文つき)・類語まとめ

ビジネスにおいて取引先やお客様とのやり取りは不可欠ですが、ときに駆け引きやこちらの働きかけによって、相手から譲歩を引き出すことが求められます。その際に用いる言葉として「折衝」や「交渉」がありますが、あなたはこれらの言葉の使い分け方や用語の説明をはっきりと理解できますか?

どちらも「相手と話し合う」という意味で使われますが、その内容には大きな違いがあるのです。ここでは、例文を紹介しながら「折衝」「交渉」のそれぞれの言葉の意味や使い方を詳しく説明していきます。どのようなシチュエーションで使うのが正しいのか、この機会に明確にしておくといいでしょう。その他にも「折衝」や「交渉」と混同されやすい類義語について解説します。

間違った言葉の使い方をして恥をかいたり相手に不信感を持たれたりしないよう、言葉の使い方をマスターしておきましょう。

続きを読む

「先般」の意味・使い方|先日・過日との違いや期間の目安まとめ

「先般」の意味・使い方|先日・過日との違いや期間の目安まとめ

友達との会話のなかで、以前の出来事を挙げるときなら「この間のアレ」なんて曖昧な表現をしても伝わりますが、相手が目上の人である上司や取引先となれば、もう少し改まった言い方をしたいものです。

そんな時に使える「先般」という言葉をご存知ですか?「この間のアレ」と同じような意味を持つ「先般」ですが、過去の出来事ならいつでも使えるわけではありません。また、文中で「先般」だけが浮いてしまわないよう、他の言葉とのバランスを考える必要もあります。

ここでは「先般」の意味・正しい使い方やよく似た「先日」や「過日」との違い、またこれらの言葉が具体的にいつからいつまでの期間を指すのかを見ていきましょう。

続きを読む

「深謝」の意味・使い方|「陳謝」との違いまとめ(例文つき)

「深謝」の意味・使い方|「陳謝」との違いまとめ(例文つき)

「深謝」という言葉を使う場面を目にすることがありますが、本当の意味や使い方を理解していますか?

ここでは「深謝」の正しい意味や、状況に適した使い方を例文とともに紹介します。また間違えやすい「陳謝」という言葉についても「深謝」との違いを説明します。

ビジネスシーンで知っておくと役に立つこの二つの言葉。正しい意味を理解し、堂々と使えるようになれば仕事がスムーズに進む要因にもなります。また「拝謝」「万謝」といった類義語の意味や使い方も併せてお伝えします。さまざまな場面での最も適した言葉を理解し、ふさわしい使い方ができるよう、参考にしてくださいね。

続きを読む

「留意・注意」の意味の違い|「留意事項」の使い方は?(例文つき)

「留意・注意」の意味の違い|「留意事項」の使い方は?(例文つき)

「留意」や「注意」といった言葉は日常の中で何気なく使っている言葉です。どちらも意味としては「気を付けるべきこと」だなと理解されている方も多いでしょう。

しかし、この「留意」「注意」の2つの言葉をしっかり使い分けることができていますか?なんとなく混合してしまってはいないでしょうか。「留意」「注意」は確かに似た意味の言葉ですが、ニュアンスが違います。

今回はそんな身近な言葉「留意」「注意」の意味の違いを例文付きで詳しく解説していきます。また、合わせてよく見かける言葉「留意事項」についても、改めてしっかり解説していきます。

続きを読む