2月の時候の挨拶【上旬・中旬・下旬の例文つき】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
2月・如月の時候の挨拶【例文つき】

2月の上旬・中旬・下旬のそれぞれに適した時候の挨拶をお伝えしていきます。

時候の挨拶は日本の礼儀作法。間違ってつかうと、相手に非常識な印象を与えてしまうことも。

季語をつかった例文を参考にして、あなたの感性を言葉であらわした一文を考えてみてくださいね。

2月の時候の挨拶を書く前に理解しておきたい2つのこと

時候の挨拶を書く前に理解しておくべき2つのポイントからお伝えします。

手紙の送付日によって「書き出し」がかわる

夏の暑い時期に「酷寒の候」や「寒冷の候」などの冬の挨拶を用いると違和感を持つように、時候の挨拶は、手紙を出す時期の季節に合わせて書く必要があります。つまり、手紙を送付する日が、二十四節気(太陰太陽暦)や旧暦の時期のいつ頃かによって、時候の挨拶もかわるのです。まずは手紙を出す日がいつごろか確認し、その上で、以下に記載している2月の二十四節気のどの時期に該当するかを理解しましょう。

  • 大寒(だいかん):1月20日頃~2月3日頃
  • 立春(りっしゅん):2月4日頃~2月18日頃
  • 雨水(うすい):2月19日頃~3月6日頃

暖冬や冷夏があるように、季節もその年によって移り変わる時期はさまざまです。二十四節気の変わり目に「頃」としているのは、その年によって季節感は異なるからです。

2月の季語を入れる

時候の挨拶は、季節や天候に応じた心情や季節感を表す言葉。手紙にも2月の季語を使うのがマナーです。書くときの参考になる、2月の季語をご紹介します。

  • 動物:鶯(うぐいす)・雲雀(ひばり)・わかさぎ
  • 植物:梅(白梅、紅梅)・ラッパ仙水・猫柳・寒椿・雪割草・蕗の薹(ふきのとう)・ヒヤシンス・春菊・かぶ・せり・三ッ葉
  • 風物:豆まき・梅見・針供養・バレンタインデー・受験シーズン・野焼き・麦踏み

続いては2月に適した時候の挨拶と、文例を見ていきましょう。

改まった手紙に適した「漢語調」の時候の挨拶・書き出し

まずはビジネス文書を書くときや、かしこまった表現を用いるときにふさわしい、漢語調の時候の挨拶を解説していきます。

大寒:2月上旬(2月3日頃まで)の時候の挨拶

2月上旬は、二十四節気のうち、大寒(1月20日頃~2月3日頃)の時候の挨拶を用います。以下に読み方や意味について記載します。

時候の挨拶 読み方 意味・由来
晩冬の候 ばんとうのこう 冬の終わりが近づく頃
酷寒の候 こっかんのこう 厳しい寒さが続く今日この頃
大寒の候 げいしゅんのこう 一年で最も寒い時期を迎え

「〇〇の候」は「〇〇というふうに季節も移り変わってきましたが」という意味です。2月は立春に入る4日頃まで、大寒の時候の挨拶を用います。上記の意味からも分かるとおり、冬の寒さを表現する季語が多いです。

時候の挨拶の例文

2月上旬に適した時候の挨拶を例文で見ていきましょう。

文章の書き出しは、書式に則って記入します。順序は「頭語→時候の挨拶→相手の安否を気遣う挨拶→日頃の感謝→(主文・末文)→結語」です。ビジネス文書の構成が正しく書けているか自信のない方は「ビジネス文書の基本構成と書き方」を確認しておきましょう。

丁寧な表現の例文

謹啓 晩冬の候、貴社におかれましてはますますご隆盛の段、大慶に存じます。日頃はなにかとご愛顧を賜り誠にありがとうございます。

(主文・末文省略)

謹白

丁寧な文書に適した頭語は「謹啓・粛啓・恭啓・謹白」などがあります。そのときの結語は「敬白・謹言・再拝」にしましょう。目上の人にかしこまった文書を送るときや、敬う気持ちを表す際は、頭語と結語の選び方で相手への伝わり方も変わります。なお、頭語・結語の正しい組み合わせを理解し、相手によって上手く使い分けたいときは「頭語・結語の正しい使い方・組み合わせ」をご覧ください。

一般的な表現の例文

拝啓 大寒の候、貴殿にはますますご清祥のこととお喜び申し上げます。平素は過分のご配慮を賜り心より御礼申し上げます。

(主文・末文省略)

敬具

親しい間柄の人に送る場合や、一般的な表現を用いるときは、頭語は「拝啓」、結語は「敬具」にしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメント

コメントは停止中です。