11月の時候の挨拶【上旬・中旬・下旬の例文つき】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
11月・霜月の時候の挨拶【例文つき】

秋が去って、冬の訪れを感じる11月の時候の挨拶を上旬・中旬・下旬のそれぞれの時期に適した時候の挨拶をご紹介します。

かしこまった表現とやわらいだ表現の例文を、季節の挨拶にふさわしい季語の解説とともに記載しているので、チェックしてくださいね。

11月の時候の挨拶を書く前に理解すべき2つのこと

時候の挨拶を書く前に理解しておくべき2つのポイントからお伝えします。

手紙の送付日によって「書き出し」がかわる

厳しい冬の寒い時期に「陽春の候」や「春爛漫の候」といった春の挨拶をつかうと不自然なように、時候の挨拶は、手紙を出す時期の季節感に合わせることが大切です。手紙を送付する日が、二十四節気(太陰太陽暦)や旧暦のいつ頃かによって、時候の挨拶もかわるため、まずは手紙を出す日が11月のいつ頃になるかを確認しましょう。その日が、以下に記載している二十四節気のどの時期に当てはまるかを理解してくださいね。

  • 霜降(そうこう):10月23日頃~11月6日頃
  • 立冬(りっとう):11月7日頃~11月21日頃
  • 小雪(しょうせつ):11月22日頃~12月6日頃

※二十四節気の移り変わる時期を「頃」としているのは、その年によって季節感が異なるためです。

11月の季語を入れる

時候の挨拶は、季節や天候に応じた心情や季節感を表す言葉のこと。手紙に季語を入れると、文章が趣深くなります。書くときの参考になる、11月の季語をご紹介します。

  • 動物:鳶(とんび)・鷲(わし)・鷹(たか)・隼(はやぶさ)・百舌鳥(もず)
  • 植物:山茶花(さざんか)・菊・つわぶき・茶の花・八手の花・千両・万両・藪柑子(やぶこうじ)・ポインセチア・アンスリウム・白菜・大根
  • 風物:文化祭・酉の市・七五三祝い・落ち葉たき・木枯らし・小春日和・時雨・菊花展

続いては11月に適した時候の挨拶と例文を、手紙を送る時期や相手との関係性別に見ていきましょう。

改まった手紙に適した「漢語調」の時候の挨拶・書き出し

漢語調の時候の挨拶は、ビジネス文書を書くときや、かしこまった表現を用いるときに適しています。

霜降:11月上旬(11月6日頃まで)の時候の挨拶

11月上旬は、二十四節気のうち、霜降(10月23日頃~11月6日頃)の時候の挨拶を用います。以下の表に読み方や意味についてまとめました。

時候の挨拶 読み方 意味・由来
晩秋の候 ばんしゅうのこう 秋の終わりが近づく今日この頃
錦秋の候 きんしゅうのこう 秋が深まり紅葉が錦のように美しいこの季節
深秋の候 しんしゅうのこう 秋が深まるこの季節
暮秋の候 ぼしゅうのこう 秋の終わりを迎える今日この頃
霜降の候 そうこうのこう 露が霜となって降り始める季節

※「〇〇の候」は「〇〇というふうに季節も移り変わってきましたが」という意味です。

時候の挨拶の例文

書き出し(前文)は、書式が決まっています。その順序は「頭語→時候の挨拶→相手の安否を気遣う挨拶→日頃の感謝→(主文・末文)→結語」です。ビジネス文書の構成が正しく書けているか自信のない方は「ビジネス文書の基本構成と書き方」を確認しておきましょう。

時候の挨拶を含めた、書き出しの例文をご紹介します。

丁寧な表現の例文

謹啓 晩秋の候、貴社にはますますご清栄のこととお慶び申し上げます。平素は格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。

(主文・末文省略)

謹白

謹啓は「つつしんで申し上げる」という意味。丁寧な文書に適しています。そのほか、相手を敬った表現の頭語には「粛啓・恭啓・謹白」などがあります。その場合、結語は「敬白・謹言・再拝」を記入します。なお、頭語・結語の正しい組み合わせを理解し、相手によって上手く使い分けたいときは「頭語・結語の正しい使い方・組み合わせ」をご覧ください。

一般的な表現の例文

拝啓 霜降の候、貴殿におかれましてはいよいよご清祥のこととお喜び申し上げます。日頃は特段のご愛顧をいただき誠にありがとうございます。

(主文・末文省略)

敬具

親しい間柄の人に送る場合や、一般的な表現を用いるときは、上記のように、頭語は「拝啓」、結語は「敬具」にしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket