3月の時候の挨拶【上旬・中旬・下旬の例文つき】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
3月・弥生の時候の挨拶【例文つき】

時候の挨拶は、手紙やビジネス文書を送る相手との関係性や季節によって適切に使い分けができないと、相手に失礼な印象を与えてしまいます。

あなたが手紙やはがきを送る時期、相手との間柄に合った挨拶文をつくれるよう、ここでは、3月の時候の挨拶の書き方や例文を紹介します。

上旬・中旬・下旬で用いる、それぞれの時候の挨拶の意味もお伝えするので参考にしてくださいね。

3月の時候の挨拶を書く前に理解すべき2つのこと

時候の挨拶を書く前に理解しておくべき2つのポイントからお伝えします。

手紙の送付日によって「書き出し」がかわる

春の暖かい時期に「秋冷の候」や「秋涼の候」など秋の挨拶を用いると不自然なように、時候の挨拶は、手紙を出す時期によって書く内容をかえる必要があります。つまり、手紙を送付する日が二十四節気(太陰太陽暦)や旧暦の時期のいつ頃かによって、時候の挨拶もかわるのです。まずは手紙を出す日がいつごろか確認し、その上で、以下に記載している3月の二十四節気のどの時期に該当するかを理解しましょう。

  • 雨水(うすい):2月19日頃~3月5日頃
  • 啓蟄(けいちつ):3月6日頃~3月20日頃
  • 春分(しゅんぶん):3月21日頃~4月4日頃

※二十四節気の変わり目に「頃」としているのは、その年によって季節感は異なるからです。
暖冬や冷夏があるように、季節もその年によって移り変わる時期や気候はさまざま。今の季節は例年と比べて暖かいのか、寒いのか、移り変わりの早さなどを考慮して、時候の挨拶を選びましょう。

3月の季語を入れる

時候の挨拶は、季節や天候に応じた心情や季節感を表す言葉。手紙にも3月の季語を使うのがマナーです。書くときの参考になる、3月の季語をご紹介します。

  • 動物:燕(ツバメ)・鷽(うそ)・雉(キジ)
  • 植物:桜・桃・こぶし・沈丁花・彼岸桜・蕨(わらび)・ぜんまい・つくし・よもぎ・つくし・菜の花・スイートピー・れんげ・タンポポ・馬酔木(あせび)・クローバー・椿(山椿・白椿・八重椿・玉椿)
  • 風物:雛祭り・白酒・雛あられ・お彼岸・ぼたもち・お墓参り・卒業式・蛍の光・ホワイトデー・花粉症・春休み

続いては3月に適した時候の挨拶と、文例を見ていきましょう。

改まった手紙に適した「漢語調」の時候の挨拶・書き出し

まずはビジネス文書を書くときや、かしこまった表現を用いるときにふさわしい、漢語調の時候の挨拶を解説していきます。

雨水:3月上旬(3月5日頃まで)の時候の挨拶

3月上旬は、二十四節気のうち、雨水(2月19日頃~3月5日頃)の時候の挨拶を用います。以下に読み方や意味について記載します。
←下表はスマホだと左右にスクロールできます→

時候の挨拶 読み方 意味・由来
向春の候 こうしゅんのこう 春の足音が近づいてくる頃
三寒四温の候 さんかんしおんのこう 暖かく過ごせる日も増えてくる頃
解氷の候 かいひょうのこう 暖かさが増してくる今日この頃
梅花の候 ばいかのこう 梅の花のつぼみも膨らんできた時期を迎え
早春の候 そうしゅんのこう 春の訪れが感じられる

※「〇〇の候」は「〇〇というふうに季節も移り変わってきましたが」という意味です。3月上旬の時候の挨拶は、冬から春に移り変わる季節感を表現した言葉が多いのが特徴です。

時候の挨拶の例文

3月上旬に適した時候の挨拶を例文で見ていきましょう。

文章の書き出しは、書式が決まっています。その順序は「頭語→時候の挨拶→相手の安否を気遣う挨拶→日頃の感謝→(主文・末文)→結語」です。ビジネス文書の構成が正しく書けているか自信のない方は「ビジネス文書の基本構成と書き方」を確認しておきましょう。

丁寧な表現の例文

謹啓 三寒四温の候、貴社におかれましてはますますご繁栄のことと、お喜び申し上げます。平素は格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。

(主文・末文省略)

謹白

三寒四温とは、冬季に寒い日が三日ほど続くと、その後、四日間くらいは暖かくなるという、7日周期で寒暖が繰り返される朝鮮半島や中国北東部における諺(ことわざ)です。気候がだんだん暖かくなる意にも用います。

目上の人に丁寧な文書を送りたいときや、敬う気持ちを文章で表したいときは、頭語と結語の選び方に注意しましょう。丁寧な文書に適した頭語は「謹啓・粛啓・恭啓・謹白」などがあります。そのときの結語は「敬白・謹言・再拝」にするのが基本です。頭語・結語の選び方次第で、相手への伝わり方も変わります。なお、頭語・結語の正しい組み合わせを理解し、相手によって上手く使い分けたいときは「頭語・結語の正しい使い方・組み合わせ」をご覧ください。

一般的な表現の例文

拝啓 梅花の候、貴殿におかれましてはいよいよご活躍の由、何よりと存じます。先日は身に余るお心配りを賜り心より御礼申し上げます。

(主文・末文省略)

敬具

親しい間柄の人に送る場合や、一般的な表現を用いるときの頭語は「拝啓」、結語は「敬具」にしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket