6月の時候の挨拶【上旬・中旬・下旬の例文つき】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
6月・水無月の時候の挨拶【例文つき】

本来、手紙や文書は、相手に用件を伝えるための情報伝達の手段ですが、日本人の書く手紙には、それ以外にも守るべき日本独特の風習があります。

それはつまり、礼に始まり礼に終わる文化。

礼節をわきまえた文章を書くことが、手紙や文書を書く上では重要とされているのです。特に、文章のはじまりに書く、頭語・結語の組み合わせや、時候の挨拶を正しく使い分けるのは大事です。

相手との関係性や、手紙を送る時期に適した文章を書くためのポイントを、例文をふまえてお伝えしていきます。

6月の時候の挨拶を書く前に理解すべき2つのこと

時候の挨拶を書く前に理解しておくべき2つのポイントからお伝えします。

手紙の送付日によって「書き出し」がかわる

暖かい春の時期に「秋分の候」や「秋涼の候」といった秋の挨拶をつかうと不自然に感じるように、時候の挨拶は、手紙を出す時期に合わせる必要があります。手紙を送付する日が、二十四節気(太陰太陽暦)や旧暦のいつ頃かによって、時候の挨拶もかえなくてはなりません。まずは手紙を出す日が6月のいつ頃になるかを確認し、その上で、以下に記載している6月の二十四節気のどの時期に当てはまるかを理解しましょう。

  • 小満(しょうまん):5月21日頃~6月5日頃
  • 芒種(ぼうしゅ):6月6日頃~6月20日頃
  • 夏至(げし):6月21日頃~7月6日頃

※移り変わる時期を「頃」としているのは、その年によって季節感が異なるためです。

暖冬や冷夏、それに一足早い季節の訪れがあるように、その年によって季節が移り変わる時期・気候はさまざま。今の季節感に合う時候の挨拶を選びましょう。

6月の季語を入れる

時候の挨拶は、季節や天候に応じた心情や季節感を表す言葉。手紙にも6月の季語を使いたいものです。書くときの参考になる、6月の季語をご紹介します。

  • 動物:蝉(ひぐらし)・燕(つばめ)・ホトトギス・仏法僧(ぶっぽうそう)・かたつむり・蛙(カエル)・あめんぼう
  • 植物:あやめ・紫陽花(あじさい)・燕子花(かきつばた)・石楠花(しゃくなげ)・アマリリス・青梅・百日紅(さるすべり)
  • 風物:衣替え・田植え・父の日・鮎釣り解禁・鵜飼い・蛍狩り・ジューンブライド

続いては6月に適した時候の挨拶と例文を、手紙を送る時期や相手との関係性別に見ていきましょう。

改まった手紙に適した「漢語調」の時候の挨拶・書き出し

漢語調の時候の挨拶は、ビジネス文書を書くときや、かしこまった表現を用いるときに適しています。

小満:6月上旬(6月5日頃まで)の時候の挨拶

6月上旬は、二十四節気のうち、小満(5月21日頃~6月5日頃)の時候の挨拶を用います。以下の表に読み方や意味についてまとめました。

時候の挨拶 読み方 意味・由来
万緑の候 ばんりょくのこう 草木が見渡す限り緑色に染まる頃
向暑の候 こうしょのこう 暑い季節に向かう今日この頃
薄暑の候 はくしょのこう 薄っすらと暑い季節が近づいてくる今日この頃
初夏の候 しょかのこう  夏の始まりを感じさせる季節

※「〇〇の候」は「〇〇というふうに季節も移り変わってきましたが」という意味です。

時候の挨拶の例文

文章の書き出しは、書式が決まっています。その順序は「頭語→時候の挨拶→相手の安否を気遣う挨拶→日頃の感謝→(主文・末文)→結語」です。

時候の挨拶を含めた、書き出しの例文をご紹介します。ビジネス文書の構成が正しく書けているか自信のない方は「ビジネス文書の基本構成と書き方」を確認しておきましょう。

丁寧な表現の例文

謹啓 万緑の候、貴社にはますますご隆盛の段、お慶び申し上げます。平素は特段のご配慮をいただき厚く御礼申し上げます。

(主文・末文省略)

謹白

謹啓は「つつしんで申し上げる」という意味。丁寧な文書に適しています。そのほかの相手を敬った表現の頭語は「粛啓・恭啓・謹白」などがあります。結語は「敬白・謹言・再拝」を記入します。なお、頭語・結語の正しい組み合わせを理解し、相手によって上手く使い分けたいときは「頭語・結語の正しい使い方・組み合わせ」をご覧ください。

一般的な表現の例文

拝啓 初夏の候、貴殿ますますご清祥の由、何よりと存じます。日頃はなにかとご厚情をいただき誠にありがとうございます。

(主文・末文省略)

敬具

親しい間柄の人に送る場合や、一般的な表現を用いるときは、上記のように、頭語は「拝啓」、結語は「敬具」にしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket