12月の時候の挨拶【上旬・中旬・下旬の例文つき】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
12月・師走の時候の挨拶【例文つき】

手紙や文書を送るときは、書式のマナーや礼節をわきまえた文章を心がける必要があります。

書式に則って文章を書く上で外せないのが時候の挨拶。

しかし、どのように書き出しを書けばよいのか、うまく表現できずに困る人も少なくありません。そんな人でもすぐに書けるようになる、時候の挨拶を書くためのポイントや例文を詳しくご紹介します。

12月の時候の挨拶を書くときの基本

時候の挨拶を書く前に押さえておくべき2つのポイントを解説します。

手紙の送付日によって「書き出し」がかわる

ビジネス文書や手紙を送る季節の挨拶は、主に二十四節気(太陰太陽暦)や旧暦からきます。移り変わる季節に応じて時候の挨拶がかわるように、同じ12月でも、差し出す日によって書き出し文もかわるのです。そのため、まずは手紙を出す日付がいつなのかを把握しましょう。その日付が以下に記載している12月中の二十四節気のどの時期に該当するかを理解しましょう。

  • 小雪(しょうせつ):11月22日頃~12月6日頃
  • 大雪(たいせつ):12月7日頃~12月21日頃
  • 冬至(とうじ):12月22日頃~1月4日頃

「頃」としているのは、その年によって移り変わる時期が異なるためです。

12月の季語

時候の挨拶とは、季節や天候に応じた心情や季節感を表す言葉。季語を使うのがマナーです。手紙を書くときの参考になる、12月の季語をご紹介します。

  • 動物:兎(うさぎ)・鴛鴦(おしどり)・白鳥・狼(おおかみ)・狐(きつね)
  • 植物:椿(寒椿)・寒菊・山茶花・シクラメン・柊(ひいらぎ)・白菜・れんこん
  • 風物:針供養・ゆず湯・クリスマス・ジングルベル・クリスマスツリー・お歳暮・忘年会・つむじ風・御用納め・冬休み・里帰り・大掃除・年越しそば・除夜の鐘

続いては時期ごとの時候の挨拶を見ていきましょう。

改まった手紙に適した「漢語調」の時候の挨拶・書き出し

まずはビジネス文書を書くときや、かしこまった表現を用いるときにふさわしい、漢語調の時候の挨拶を解説していきます。

小雪:12月上旬(12月6日頃まで)の時候の挨拶

12月上旬は、二十四節気のうち、小雪(11月22日頃~12月6日頃)の時候の挨拶を用います。以下に読み方や意味について記載します。

時候の挨拶 読み方 意味・由来
師走の候 しわすのこう 今年もいよいよ最後の月を迎えました
初冬の候 しょとうのこう 冬の訪れを迎えた今日この頃
初雪の候 はつゆきのこう 雪が降りそうな季節を迎えました
孟冬の候 もうとうのこう 寒い冬に入った今日この頃
季冬の候 きとうのこう ※冬の終わりが近づいてきました

※季冬には、「冬の終わり」といった意味があることから、12月の時候の挨拶には不適切な印象があります。しかし季冬は、陰暦12月の異称をもつことから、使用する時期は12月上旬とされています。

時候の挨拶の例文

時候の挨拶を例文で見ていきましょう。

書き出しは、実際に書式のルールに則った前文「頭語+時候の挨拶+相手の安否を気遣う挨拶+日頃の感謝+(主文・末文)+結語」の例文をみていきます。ビジネス文書の構成が正しく書けているか自信のない方は「ビジネス文書の基本構成と書き方」を確認しておきましょう。

丁寧な表現の例文

謹啓 初冬の候、貴社ますますご隆盛のこととお喜び申し上げます。平素は格別のご高配を賜り誠にありがとうございます。

(主文・末文省略)

謹白

どの頭語・結語を使うかによって、より丁寧な印象を相手に与えることができます。目上の人に対して文書を作成するときや、敬う気持ちを表す際の頭語は「謹啓」や「謹呈」を用いましょう。結語は「謹白」や「敬白」「頓首」などが望ましいでしょう。なお、頭語・結語の正しい組み合わせを理解し、相手によって上手く使い分けたいときは「頭語・結語の正しい使い方・組み合わせ」をご覧ください。

一般的な表現の場合は、下記のように頭語は「拝啓」、結語は「敬具」にします。

一般的な表現の例文

拝啓 初雪の候、貴殿におかれましてはますますご健勝の由、何よりと存じます。日頃は特別のご厚情にあずかり心より御礼申し上げます。

(主文・末文省略)

敬具

時候の挨拶で「初雪」のように季節を表す言葉(季語)を選ぶときは、相手の居住地の季節感に合わせることが大切です。

たとえば、差出人のあなたは本州に住んでおり、手紙を送る相手の居住地は沖縄県だとします。沖縄の気温は12月上旬でも16~23度くらいもあるため、12月の寒い季節といえども、雪が降るイメージは持ちにくいといえます。

手紙や文書は読み手の気持ちになって書くことが大切です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket