4月の時候の挨拶【上旬・中旬・下旬の例文つき】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
4月・卯月の時候の挨拶【例文つき】

4月に適した時候の挨拶を知りたい人に向けて、上旬・中旬・下旬のそれぞれの時期にふさわしい季節の挨拶を、例文つきでご紹介します。

取引先などに礼節をわきまえたビジネス文書を送るときと、親しい友人に手紙を送るときでは、書く内容は変わります。マナーが身につくよう、押さえるべきポイントも記載しているので、ご覧ください。

4月の時候の挨拶を書く前に理解すべき2つのこと

時候の挨拶を書く前に理解しておくべき2つのポイントからお伝えします。

手紙の送付日によって「書き出し」がかわる

夏の暑い時期に「酷寒の候」や「寒冷の候」など冬の挨拶を用いると不自然なように、時候の挨拶は、手紙を出す時期によってかえる必要があります。手紙を送付する日が、二十四節気(太陰太陽暦)や旧暦のいつ頃かによって、時候の挨拶もかわるのです。まずは手紙を出す日がいつなのかを確認し、その上で、以下に記載している4月の二十四節気のどの時期に該当するかを理解しましょう。

  • 春分(しゅんぶん):3月21日頃~4月4日頃
  • 清明(せいめい):4月5日頃~4月19日頃
  • 穀雨(こくう):4月20日頃~5月5日頃

※二十四節気の変わる時期を「頃」と目安にしているのは、その年によって季節感が異なるためです。
暖冬や冷夏があるように、季節もその年によって移り変わる時期や気候はさまざま。今の季節は例年と比べて暖かいのか、寒いのか、移り変わりの早さなどを考慮して、時候の挨拶を選びましょう。

4月の季語を入れる

時候の挨拶は、季節や天候に応じた心情や季節感を表す言葉。手紙にも4月の季語を使うのがマナーです。書くときの参考になる、4月の季語をご紹介します。

  • 動物:雀(すずめ)・雲雀(ひばり)・燕(つばめ)・おたまじゃくし・蝶々
  • 植物:桜・山桜・八重桜・チューリップ・山吹・金鳳花(きんぽうげ)・木蓮(もくれん)・連翹(れんぎょう)・菜の花・卯の花・筍(たけのこ)
  • 風物:お花見・花見団子・草もち・桜前線・花吹雪・潮干狩り・入学式

続いては4月に適した時候の挨拶と、文例を見ていきましょう。

改まった手紙に適した「漢語調」の時候の挨拶・書き出し

漢語調の時候の挨拶は、ビジネス文書を書くときや、かしこまった表現を用いるときに適しています。

春分:4月上旬(4月4日頃まで)の時候の挨拶

4月上旬は、二十四節気のうち、春分(3月21日頃~4月4日頃)の時候の挨拶を用います。以下に読み方や意味について記載します。
←下表はスマホだと左右にスクロールできます→

時候の挨拶 読み方 意味・由来
春分の候 しゅんぶんのこう 今年もいよいよ春分を迎え
春暖の候 しゅんだんのこう 春の暖かさを感じる今日この頃
春陽の候 しゅんようのこう 春の日差しを感じるこの頃
仲春の候 ちゅうしゅんのこう 春もちょうど折り返しの時期になりました

※「〇〇の候」は「〇〇というふうに季節も移り変わってきましたが」という意味です。

春分は二至(夏至・冬至)、二分(春分・秋分)として四季の中央におかれています。春分の日は、昼夜の長さがほぼ等しくなるとされていますが、日本では昼のほうが14分ほど長いです。

時候の挨拶の例文

4月上旬に適した時候の挨拶を例文で見ていきましょう。

文章の書き出しは、書式が決まっています。その順序は「頭語→時候の挨拶→相手の安否を気遣う挨拶→日頃の感謝→(主文・末文)→結語」です。ビジネス文書の構成が正しく書けているか自信のない方は「ビジネス文書の基本構成と書き方」を確認しておきましょう。

丁寧な表現の例文

粛啓 春分の候、貴社にはますますご清栄のこととお慶び申し上げます。日頃は特段のご愛顧にあずかり誠にありがとうございます。

(主文・末文省略)

敬白

粛啓は「つつしんで申し上げる」という意味です。その他の丁寧な文書に適した頭語は「謹啓・恭啓・謹白」などがあります。結語は「敬白・謹言・再拝」にしましょう。なお、頭語・結語の正しい組み合わせを理解し、相手によって上手く使い分けたいときは「頭語・結語の正しい使い方・組み合わせ」をご覧ください。

一般的な表現の例文

拝啓 春陽の候、貴殿におかれましてはいよいよご清祥の趣、お喜び申し上げます。いつもなにかとお引き立てにあずかり誠にありがとうございます。

(主文・末文省略)

敬具

親しい間柄の人に送る場合や、一般的な表現を用いるときは、頭語は「拝啓」、結語は「敬具」にしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket