贈り物(贈答品)のお礼メールの文例集

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
贈り物(贈答品)のお礼メールの文例集

贈り物をいただいたら、感謝の気持ちを込めてお礼を伝えましょう。礼儀正しい対応が、今後の関係をより良くしてくれます。

ただし、定型的な文面だけの味気ない文章だと、あなたの感謝の気持ちは十分に伝わらないので注意が必要です。

ここでは、贈り物のお礼メールの書き方やマナーについてお伝えします。文例も紹介するので参考にしてくださいね。

贈り物(贈答品)のお礼メールの書き方・マナー

まずは、贈り物のお礼メールの書き方や、心がけておくべきマナーについてお伝えします。

贈り物へのお礼は「書状」が基本

親しい間柄の取引先にはメールを用いても構いませんが、相手によっては失礼な印象を与えてしまう場合があります。メールはあくまでも略式のため、目上の人には書状やハガキを用いるほうが好ましいでしょう。

時間が確保できないときは、取り急ぎメールでお礼を述べた後、改めて書状でお礼状を送ると、先方に礼儀正しい印象を与えます。お礼状を書くときは「贈り物のお礼状の書き方・文例集」を参考にしてくださいね。

お礼メールはすぐに送ろう

頂き物へのお礼は、感謝の意を伝えることと同時に、贈り物が無事に届いた報告も兼ねています。贈り物を受け取ったら、基本は当日中にメールを送るのがマナーです。お礼メールやお礼状を出すのが遅れそうなときは、まずは品物が到着した日のうちに先方に電話でお礼を伝えておき、その上で、改めてメールを送りましょう。

贈答品の感想は具体的に書く

形式に従って丁寧に書くことは大切ですが、それ以上に、相手に「贈ってよかった」と思ってもらえるよう、気に入った様子や喜びの気持ちを自分の言葉で書き添えることが大切です。長々と書く必要はありません。一文でも良いので、あなたの感謝の意を綴りましょう。

贈り物(贈答品)のお礼メールの文例集

つづいては、贈り物へのお礼メールの文例を紹介します。

贈り物のお礼メールの文例(お中元)

件名:お中元への御礼

株式会社〇〇〇〇
営業部 〇〇 〇〇 様

平素より大変お世話になっております。
株式会社△△の△△でございます。

この度は心のこもったお中元の品を頂戴し、
心より御礼申し上げます。

いつもながらのご厚意に深く感謝しております。

お送りいただいた九州名物のお菓子は
早速、社員一同で美味しく賞味させて頂きました。

向暑の折、これから繁忙期を迎えますが、
ご自愛なさってこの夏を元気にお過ごしください。

今後ともお引き立てのほど、
何卒宜しくお願い申し上げます。

====================
署名
====================

贈り物のお礼メールの文例(お歳暮)

件名:お歳暮への御礼

株式会社〇〇〇〇
総務部 〇〇 〇〇 様

平素より大変お世話になっております。
株式会社△△の△△でございます。

この度は、けっこうなお歳暮のお品をお届けいただき、
ご芳情のほどお礼申し上げます。

常日頃、〇〇様にはご指導頂いている上に
お心づくしの品まで頂戴し、恐縮いたしております。

お送り頂いた〇〇県の名産品のお品は、
この季節にはなによりの品と、スタッフ一同、感謝しております。

忘年会にて皆で賞味させて頂く予定が今から楽しみです。

メールにて恐縮ですが、取り急ぎお礼を申し上げます。
引き続きご指導の程、何卒宜しくお願い申し上げます。

====================
署名
====================

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket